社会保険労務士とは

社会保険労務士とは

 社会保険労務士法に基づく国家資格者です。社会保険労務士が取り扱う法律は、労働基準法・労働安全衛生法・労働者災害補償保険法・雇用保険法・労働保険徴収法など労働に関する法律、健康保険法・国民年金法・厚生年金保険法など社会保険に関する法律です。

 

 上記の法律に関して、行政機関に提出するための書類の作成から届出までの手続代行業務、毎月の給与計算業務の請負、年金に関するご相談、企業の人事労務管理に関するお悩みに対してご提案から実際の構築といったコンサルティングなどを行います。


社会保険労務士に業務を委託するメリット

 書類の作成から届出など、これは自社で十分にご対応できる範囲であると思います。

しかし、法律も改正が進み様式も日々変化し、行政機関への届出も電子申請へと切り替わっていく昨今、社会保険労務士に委託することは、経営者の皆様がそのために使っていた時間を本来の事業の運営に集中させることができるようになります。

 

 働き方改革、ダイバーシティ経営といった多様性のある職場づくりのために人事労務管理の専門家である社労士は、経営者の方のお悩みをお聞きするだけでなく、解決するために絶えず研鑽をし、個々の事業主様のお悩みを解決するために共に歩みます。 


私が思う社会保険労務士

 社会保険労務士は、労働に関する法律・社会に関する法律を扱い、企業経営に必要な「ヒト・モノ・カネ」の「ヒト」に関する専門家です。専門家であることは、法律を根拠にコンプライアンスをお伝えする役目であるため、そのことをしっかりお伝えしていくのは我々の当然の義務です。

 しかし、そこには経営者の皆さま、労働者の皆さま、そしてご家族様と多くの方達が背景にあり、人と人との繋がり・心の通わせを欠かしてはならないと思っています。行政の機関への届出だけでなく、実際に各会社様に出向いて働いている皆さまと時間を少しでも共有させていただくことも必要であると思っています。

 大学を卒業後、介護業界で学んだことは「ヒトとヒトが触れ合う喜び」です。ヒトに関する専門家として、心の通わせをし続けた専門家でありたいと思います。