フルサポ契約

フルサポ契約 月額基本料金

従業員数 顧問契約料(税抜価格)
 1~9人 14,000円~
10人~19人 28,000円~
20人~29人

35,000円~

30人~49人 42,000円~
50人以上 56,000円~

上記顧問契約料には、社会保険及び労働保険に関する手続、人事労務に関する継続的な相談(メールや電話での対応)を含みます。

上記の料金は一つのパターンとしての「標準価格」であり、各企業様のご希望・ご状況をしっかりとヒアリングさせていただきながら最終的に料金を決定させていただきます。お気軽にご相談・お見積依頼をいただけますと幸いです。

フルサポ契約組み合わせパターン① 給与計算業務

顧問契約料×50%~賞与については別途25%を目安に加算させていただきます。)

給与計算業務の内訳

タイムカードの集計から給与データの作成

社会保険料の確認(毎月実施、月額変更対象者の確認も合わせて行います。)

インターネットバンキング構築から運用、手続きも行います。

給与明細書の納品(給与の封筒もご用意しています。)

賃金台帳の管理

給与計算業務に関わるその他事務業務

フルサポ契約組み合わせパターン② 年度更新と社会保険料の算定・申告(毎年 7 月)

顧問契約料×50%~※7月分のみご請求

年度更新とは

労働保険(労災保険・雇用保険)の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間(保険年度)を単位として計算されることになっており、その額はすべての労働者(アルバイトを含み、雇用保険については被保険者)に支払われる賃金の総額に、その事業ごとに定められた保険料率を乗じて算定することになっております。保険年度で確定した保険料(確定保険料)と次年度の保険料(概算保険料)の申告と納付をする、1年に1回ではありますが、事業主様にとって大切な業務になります。

社会保険料の算定とは

社会保険料の決定については入社した際に決定するもの(資格取得時決定)、固定賃金が変動し3か月経過した後の4か月目から変更sるするもの(月額変更)などがありますが、年に1回、社会保険料を決定するための手続きがあります。それが社会保険料の算定の手続きです。原則4月~6月の給与支給額の総額から平均値を算出、その年の9月から翌年8月までの社会保険料が決まります。労使折半の厚生年金保険料等でもあるわけですから事業所様だけでなく、毎月給与から控除されている従業員の皆様にとっても大事なお手続になります。